人数制限など特別厳しい条件がないのが民間学童保育の特徴

サイトマップ

人数制限など特別厳しい条件がないのが民間学童保育の特徴

民間学童保育はただ子供を預かってくれるだけの場所ではありません

子どもを受け取ろうとする保育士

学童保育と聞くと、ただ単に子供を預かってくれるだけの場所だと思われる人も多いのではないでしょうか?たまにお楽しみ会や運動会などのイベントを行う事があっても、基本は自由に施設内で遊ばせているだけというイメージを持っている人が大半だと思います。しかし、実際にはそのような事はありません。民間学童保育の場合は勉強や芸術、スポーツなど様々な教育を受ける事が出来る場となっています。
教育を受ける場と聞くと堅苦しく感じるかも知れませんが、ほとんどの民間学童保育ではそのような事はありません。それぞれに工夫を凝らして楽しみながら様々な教育が受けられるようになっています。遊んでいたらいつの間にか英語が話せるようになっていたという民間学童保育もありますので、子供に負担を掛ける事なく将来の可能性を広げてあげる事が出来ます。
民間という事で運営の為に利用料金は公立のものよりも高額になっていますが、その分子供が得られるものは多くなっています。その為、夫婦共働きで帰宅が遅くなりがちだという場合は、子供の将来の為に家で留守番させておくのではなく民間の学童保育を利用する事をおすすめします。民間の学童保育は公立のものと比べて利用する為の条件などが厳しくありませんので気軽に申し込んで下さい。

注目の記事

一覧へ

最新情報

»一覧へ

Copyright © 2021 人数制限など特別厳しい条件がないのが民間学童保育の特徴 All Rights Reserved.